告別式の準備をする

通夜が終了をしたら、今度は告別式の準備に移行することになります。
葬儀と告別式ですが、最近では一緒に行ってしまうことが多いです。
もともと両者には違った意味合いがあり、別々に実施されてきました。
葬儀とは、亡くなった方を送りだすための宗教儀礼の側面を持ったイベントです。
一方で告別式と言うのは、参列者がお別れをする場と言うように解釈をしているので、別物なのですが、効率性のために一緒に実施されることが多くなっています。
告別式ですが、遺族になった場合には、いろいろと準備をする必要があります。
葬儀の当日ですが、遺族は1時間半前、少なくても1時間半前までには会場に到着できるように準備しておきましょう。
供花や供物が通夜の後になって届くと言うケースも結構ありますので、送り主の地位などを確認して、レイアウトを少しいじる必要が出てくる可能性もあります。
また受付係を担当する人とここで打ち合わせをしておきましょう。
他にも通夜と同様で、遺族席や来賓席、一般席が用意されていますので、どこにだれが座るのかということを大まかにイメージをしておくと良いでしょう。
葬儀会社の担当者や葬儀会社の方で告別式の司会を担当する人を準備してくれることもあります。
彼らと、実際に式が始まる前に、きちんと打ち合わせをしておきましょう。
特に焼香をどのタイミングで行うのか、作法はどのような感じになるのかということを確認するようにしましょう。
さらに司会は、弔辞や弔電の紹介をすることになるかと思われますので、弔辞を読む人の順番や紹介方法について確認をしておきましょう。
また弔電を紹介する時に、どのような順番で読んでほしいのか、読み方について要望があるのであれば、そのこともきちんと伝えておくようにしましょう。
また僧侶が告別式の始まる30分くらい前までに到着することになるでしょうから、あいさつを済ませておきましょう。
進行の打ち合わせは、すでに葬儀会社のスタッフと行っていることが多いので、あなたが何かをする必要はないはずです。
また通常葬儀がすんだら、火葬場の方に行って、火葬をすることになるかと思われます。
告別式の出席者の中で、火葬場まで同行をする人は限られていると思われます。
そこで、火葬場まで同行をする人の数について、ここで最終的な確認をしておきましょう。
そして火葬場まで移動をする時には、どの車両で移動をするのかということもここで最終的に確認をしておきましょう。
Copyright (C)2017 きちんと知っておきたい!葬儀とお金の問題 All Rights Reserved.