喪主挨拶について

通常葬儀の中では、喪主挨拶というものをする必要があります。
ほぼ確実にある葬儀の儀式と言っても良いでしょう。
一昔前までは、喪主挨拶は告別式の時に行うと言うのが一般的と言われていました。
と言うのは、そもそも通夜と言うのは、近親者が集まって、亡くなった方と最後の食事をしてしのぶという意味合いがありました。
最後の夜を一緒になって過ごすという意味合いがあったので、ごくごく身内のプライベートな空間で行われるものと言う意味合いがあったのです。
そして一般の人たちとのお別れの場は、翌日に通常行われる告別式と言うイメージがありました。
喪主挨拶をするのは告別式と言われるのには、このような根拠があったわけです。
しかし最近では、通夜の方がメインになってくることも決して珍しいことではなくなってきています。
と言うのも、通夜は夜に開催されることが多く、告別式については日中に実施されることが多いからです。
平日の場合、なかなか普段仕事を持っている人は、日中の告別式に出席をすることができないと言うケースも出てくるはずです。
身内であれば、休みをとってと言うこともできるでしょうが、得意先とか友人の葬式に出席をするためにと言うのは、なかなかできないものがあります。
しかし通夜のような夕方以降の実施されるものであれば、仕事終わりに参列することもできるようになります。
その結果、一般的な葬儀では、告別式よりも通夜の方が参列者が多くなるということも決して珍しいことではないわけです。
そこで、最近では喪主もしくは遺族代表が通夜の中であいさつをすることも珍しいことではなくなってきています。
ではもし通夜の中で喪主挨拶をすることになった場合、どのタイミングで行うのが、自然なのでしょうか?
一般的には、通夜の始まる前か、通夜が終わった後に喪主挨拶を組み入れるようにすればいいでしょう。
このうちのさらにどちらのタイミングで喪主挨拶をするのが良いかについてですが、ケースバイケースな所があります。
参列者がどの程度集まるか、しかも参列者が早めに集まるのか、少し時間が経過してから集まってくるのかによっても変わってきます。
また葬儀の流れが当日どのような感じで進められるかによっても変わってきます。
葬儀の流れについては、葬儀会社の方で仕切ってくれているはずです。
そこで、葬儀会社のスタッフの方と、通夜の時に喪主挨拶を希望する場合には、どこに入れるのが良いのか、打ち合わせをしておくことをお勧めします。
Copyright (C)2017 きちんと知っておきたい!葬儀とお金の問題 All Rights Reserved.