通夜の注意点

まず一般的な葬儀の流れとしては、通夜があります。
通夜ですが、遺族の方は意識の1時間半前くらいから少なくても1時間前くらいまでには、式場に到着できるようにしておきましょう。
そして到着をしたら、供花や供物の確認をしておきましょう。
供花ですが、渡した人の位などを考えて配置をすることが必要になります。
祭壇の近くて、上の方にある人ほど、上位になると言うことを頭の中に入れておきましょう。
おそらく葬儀会社のスタッフの方が受付係の担当になってくれます。
ここで受付係の方と打ち合わせをしておきましょう。
香典帳や現金の整理の方法について、きちんと確認をとっておくことです。
また座席の確認をしておきましょう。
遺族席と来賓席、一般席がありますので、それぞれの場所を確認しておくことです。
また通常は、通夜が始まる30分くらいまでに僧侶の方が到着すると思いますので、あいさつを済ませてきましょう。
ちなみにこの時に、お布施を渡しておきます。
通夜進行の打ち合わせについてですが、葬儀会社のスタッフの人が行っていると思われますので、こちらから何かをする必要はありません。
一般的な通夜の流れですが、まず遺族や親せきが着席をします。
通夜の始まる10分くらい前までに座席に付きましょう。
そして続いて5分くらい前までに参列者が着席をします。
続いて、僧侶が入場をした所で、通夜の開始と言うことになります。
僧侶の読経が行われると焼香をすることになります。
順番が来たら、焼香を済ませるようにしましょう。
そして通夜が終了をしたら、僧侶を見送ります。
この時に、数珠はしまうようにしましょう。
その後通夜ぶるまいと言って、食事の席を設けることになります。
故人との最後の食事の席と言う意味合いがありますので、できるだけはしをつけてもらうようにすることです。
ちなみに翌日は告別式という手順になるのが葬儀では一般的です。
そこで、翌日に向けての準備もいろいろとする必要があります。
まず火葬をすることになりますが、参列者全員が火葬場に行くわけではありません。
そこで、下層に参列をする人の数を確認しておきましょう。
また霊柩車や火葬場に行くマイクロバスやハイヤーの運転手に対して、心付けを渡すのが一般的なマナーとされています。
この心付けの準備もしておきましょう。
心付けを渡す時には、白い封筒に「志」と書いて、その下に家名を入れます。
精進落としなどの料理の数もきちんとここで最終的に確認をしておくようにしましょう。

葬儀などを今から調べるならココ

Copyright (C)2017 きちんと知っておきたい!葬儀とお金の問題 All Rights Reserved.