安置について

葬儀をして、最終的には遺体を火葬することになりますが、いきなり火葬と言うわけにはいきません。
そこで葬儀が始まるまで、いったんどこかに安置をする必要があります。
病因には慰安室がありますので、そちらに搬送されることになります。
この慰安室ですが、あくまでも借りの搬送場所ですから、いずれは引き取らないといけなくなってしまいます。
そこで極力慰安室に搬送されたらすぐに葬儀会社の方に連絡をとるようにしましょう。
もし葬儀会社が決まっていないのであれば、病院と提携をしている所がありますので、そちらに依頼をしてみるのもアリです。
通常遺体の安置についてですが、自宅に運び込むのが一般的でした。
ところが最近では、自宅に安置をしないケースも出てきています。
なぜかと言うと、マンションで暮らしている人も多くなっているからです。
部屋が狭いので入れることができないと言うケースもあるでしょうし、死体を部屋の中に入れることが他の住人に知られてしまった場合のことを考えてというケースもあります。
もしその場合には、自宅以外の所で安置をする必要があります。
考えられる候補としては、葬儀式場の中に安置室がありますので、そこに入れると言う方法があります。
また火葬場に保冷庫が用意されているので、そこで安置をする方法もあります。
他にも、葬儀会社の中に安置室や保冷庫を用意しているケースもあります。
このような所に安置することも検討してみましょう。
しかしできることなら、自宅の方に搬送することをお勧めします。
と言うのも上で紹介した自宅以外の所に安置をすると、面会の時間に制限が加わってしまうこともあります。
友人や身内の人が、なかなかゆっくりと最後のお別れをすることができなくなってしまうこともあるかもしれません。
葬儀会社に連絡をするタイミングが良く分からないという話も良く聞きます。
一般的には、医者が臨終を家族に知らせた時に連絡をするのが一般的です。
この時葬儀会社に対しては、亡くなった人の氏名と年齢、性別と病院の名前と住所、電話番号が必要になります。
そして遺体を搬送する先の住所や名称、電話番号も伝える必要があります。
そして連絡をしているあなたの名前と連絡先、亡くなった方との関係などについても連絡する必要があります。
また宗派が何かある場合には、そのことも伝えておきましょう。
病気で治療をしている人の場合、そろそろ…というタイミングがあるかと思われます。
その場合には、事前に葬儀会社と連絡をとっておきましょう。
Copyright (C)2017 きちんと知っておきたい!葬儀とお金の問題 All Rights Reserved.