費用はどれくらい

冠婚操作と言うのは、なかなか多くの経験をすることができるものではありません。
ですから、いざ自分が取り仕切る立場になった場合に、どうしていいのか分からなくなってしまうと言うことも出てくると思われます。
例えば、葬儀などはそうそう自分がかかわることはないかと思われます。
そうなってくると、身内が亡くなった時に、葬儀の費用としてどれくらいかかるのかということもイメージできない人もいるでしょう。
ある所が調査をした結果によると、全国平均しての葬儀にかかる費用は、平成19年で231万円程度になったと言います。
ちなみにこの費用ですが、葬儀会社への支払いや返礼品の費用、お布施なども含めてこのような価格になります。
しかしこの葬式にかかる費用についてですが、地域差がかなり出ると言われています。
またどれくらいの参列者になるのか、葬式の規模によっても、費用のかかり方に大きな違いがあります。
地域差についてですが、通夜の後で飲食をふるまうのが習わしになっている地域があります。
他にも葬儀の当日に香典返しの品を渡す習慣のある地域もあります。
このような地域の場合、葬式にかかる費用もぐっとアップします。
ちなみに最も高い地域は東北地方で、282万円強になると言います。
ちなみに最も安い地域は四国地方で、平均で150万円弱になります。
このように地域格差は結構あって、100万円以上も費用の差が生じることもあります。
もし自分の地域で総指揮をすることになった場合、どれくらいの費用がかかるかについてですが、地元の葬儀社に見積もり依頼をしてみれば、おおよその相場を把握することができるでしょう。
現在では、見積もりの依頼をインターネットやメールだけですべて済ませることができるようになっています。
このため、手軽に見積もりの依頼をすることができます。
ちなみに内訳についてですが、葬儀本体の費用、すなわち葬儀業者に支払う費用は平均すると142万円程度になります。
そして飲食接待の費用についてですが、40万円ちょっとが平均的な価格になります。
またお寺やお手伝いをしてくれた人に対して気持ちとして渡す、お布施や心付けについてですが、55万円弱と言った所が相場になります。
飲食費用やお布施の費用についてですが、どの業者に依頼をしても変わりません。
葬儀の費用が大きく変わってくるのは、本体の費用と言うことになりますので、業者をどこに依頼するかによって、負担する費用が変わってくることを認識しましょう。
Copyright (C)2017 きちんと知っておきたい!葬儀とお金の問題 All Rights Reserved.