直葬とは

通常は通夜をやってから翌日に葬儀や告別式を行うと言うスタイルをとっていることが多いかと思います。
しかし最近になって、直葬と言うスタイルが登場してきて、注目を集めるようになってきています。
直葬とは、ここ5〜6年の間に登場してきた、比較的新しい言葉です。
直葬とは、通夜や葬儀と言った感じで、別々に儀式を行うのではなく、簡潔に済ませてしまおうと言うスタイルのことを指します。
直葬は簡単に言ってしまうと、火葬だけで葬儀をすべて済ませてしまうスタイルのことを指します。
まだ直葬と言うスタイルが登場してから、歴史が浅いのでデータも乏しいです。
しかし葬儀社の中には、10%程度、多い所になってくると30〜40%の人は直葬スタイルで葬儀を実施することを希望している人もいると言います。
直葬の簡単な流れについて紹介しますと、臨終が告げられると、遺体が安置されます。
続いて納棺をして、通常は通夜などの葬儀と言うことになります。
しかし直葬の場合、ここからいきなり火葬と言うことになります。
そして収骨を行ってしまって、遺骨を安置するという流れになります。
ちなみに火葬についてですが、注意すべき所もあって、死後少なくても24時間経過したのちに行わないといけないことになっていますので、注意しましょう。
通夜や葬儀と言ったセレモニーは省略することができます。
しかし例えば、遺体が安置されている場所に僧侶を呼んで、枕元でお経をお願いすることもできます。
そのほかにも火葬炉の前の所で法要を簡単に済ませるようなコースを用意している葬儀会社も見受けられます。
直葬のメリットとしては、手軽に葬式を済ませることができると言うことともう一つ大きなポイントとして、コストを安く抑えることができると言うことが挙げられます。
通常のスタイルで葬儀を実施した場合、どうしても100万円単位の費用がかかってしまいます。
しかしもし直送を選択した場合には、10万円から30万円程度の価格で済ませることもできるわけです。
通常の1/10の価格で葬儀を出すことができるので、かなりお得ということができます。
葬儀を行いたくても行うことができないと言うケースは結構あります。
特にここ最近は長らく続くデフレ経済の影響で、100万円単位のお金をポンと出すことができるような人はそうそういないと思われます。
そこで、少しでも経済的な負担を回避するために直葬という選択肢をとる人も多いようです。
しかし直葬の場合、ごくごく身内の葬式になってしまう恐れもあります。
その結果、呼べない人が出てくる可能性もあることを認識しましょう。

葬儀などを今から調べるならココ

Copyright (C)2017 きちんと知っておきたい!葬儀とお金の問題 All Rights Reserved.